男性 便秘

男性の便秘の原因と解消方法

男性の場合は便秘よりも下痢を引き起こしやすいのですが、
近年では男性も便秘症になる方が増えてきています。

そして女性に多い頑固な便秘タイプとは症状が異なる場合が多いのが、男性の便秘の特徴。

■女性に多い一般的な便秘は「弛緩性便秘(しかんせいべんぴ)」というタイプの便秘。
■男性に多いのが「痙攣性便秘(けいれんせいべんぴ)」というタイプの便秘。

男性は痙攣性便秘が多いのですが、便秘タイプによって解消法も異なるので
まずは自分がどのタイプなのか知ることが大切です。

 

男性がなりやすい痙攣性便秘(けいれんせいべんぴ)とは!?

男性に多い痙攣性便秘の主な症状は、

激しい腹痛

便は硬くうさぎのフンのようにコロコロした状態

腹痛でトイレにかけ込んでも、ほとんど出ない

 

痙攣性便秘は辛い

このタイプの便秘は、激しい腹痛に襲われるのですが、
トイレに駆け込んでもほとんど出ないという辛い状態が繰り返されます。

便が出たとしても、ウサギのフンのようなコロコロした状態のもなので、
お腹のハリが残っている状態でスッキリ感がありません。

あと場合によっては下痢を引き起こし、便秘と下痢の症状を繰り返すこともあります。

 

痙攣性便秘の原因はストレス

痙攣性便秘の主な原因は、精神的なストレスで自律神経が乱れることにより、
腸の蠕動運動が過敏になりすぎて痙攣して、それが激しい腹痛になってしまうのです。

主に会社勤めなどのサラリーマンに多くみられる便秘なのです。

 

痙攣性便秘の解消方法

痙攣性便秘は腸の働きが強くなりすぎて起こっているので、
これを静めるようにすることがポイントとなります。

 

食物繊維を摂る

痙攣性便秘の解消にも食物繊維は効果的なのですが、
大豆やゴボウなどに含まれている不溶性食物繊維は便秘が悪化してしまいます。

ポイントは水溶性の食物繊維を摂るようにすることです。

水溶性食物繊維は、昆布やワカメなどの海藻類、こんにゃく、寒天、なめこ
などに含まれており、その名の通り水に溶けやすいので腸に優しいのが特徴です。

海藻サラダやなめこ汁などを積極的に食べるようにしましょう。

 

刺激の強い食品は摂らない

キムチなどの刺激の強い食品は腸に刺激が強すぎるので食べないようにします。
その他、炭酸飲料やビールなどもなるべく抑えたほうが良いでしょう。

あと肉など消化に時間がかかる食品も腸に負担が掛かりやすいので、
解消するまでは消化の良い食品を摂るようにするのが大切です。

 

運動はなるべく控えて体を休める

痙攣性便秘はカラダをしっかりと休めることが大切なので運動は控えるようにしましょう。

例えばジョギングをしている人ならウォーキングに変更、さらに頻度も少なめになど
体をしっかりと休めるようにします。

 

市販の便秘薬には注意を!

男性の便秘で多い痙攣性便秘で注意してほしいのが、
市販の便秘薬を使わないようにすることです。

市販の便秘薬は腸を刺激し働きを促進させる効能があるのですが、
痙攣性便秘は腸の働きが過剰になりすぎ痙攣(けいれん)している状態。

つまり便秘薬を服用すると、過敏になりすぎている腸を更に刺激してしまい、
さらに症状が悪化してしまうので逆効果になってしまいます。

激痛に襲われるので絶対に市販の便秘薬は服用しないように!

トップページ

効果的な便秘解消法

先月の人気商品ランキング

便秘解消商品の人気ランキング