赤ちゃん 便秘

赤ちゃんの便秘の原因と解消方法

赤ちゃんや幼児の便秘で悩んでいるお母さんは多いみたいですね。
ここでは赤ちゃんと幼児の便秘の解消法を紹介したいと思います。

赤ちゃんの場合は、生後1ヶ月を過ぎると便の回数が減ることがあるみたいです。
2~3日出ないなど排便の回数が減っても、排便時にやわらかい便がたくさん出て、
順調に体重が増え、元気な様子なら問題はないみたいです。

上記を踏まえたうえで、まずは赤ちゃんの便秘の原因を知っておきましょう。
下記が赤ちゃんが便秘になる主な原因です。

母乳不足

離乳食になりたて

水分不足

 

赤ちゃんが便秘になってしまう主な原因

母乳不足

母乳の栄養はとても消化吸収が良いので、排便回数は比較的多くなります。
母乳を飲んだ回数分くらいは排便をする場合が多いです。(個人差はあります)

しかし母乳不足などでミルクをあげ始めた場合や、ミルクの回数が増えてきた場合などに
赤ちゃんが便秘になる傾向があります。

母乳不足を解消する為に

ミルクは母乳と比べて便秘になりやすいので、お母さんも母乳が不足しないように、
毎日の食事など体調管理に気をつけるようにしましょう。

 

離乳食に変わり始め

離乳食へ変わり始めたら便秘になる赤ちゃんは多いみたいです。
これは母乳やミルクが減ることで水分不足となり便秘になりやすくなるためです。

この場合、離乳食を工夫してあげましょう。

離乳食の工夫ポイント

・繊維質の多いサツマイモや豆類など
・緑黄色野菜を加える
・バナナやヨーグルトなども加える

 

水分不足の解消

離乳食になると水分が不足気味になる場合があります。
便秘には水分を補給することもとても大切なポイント。

水分不足にならない為に

そこでおすすめな水分補給が「果汁」です。みかん果汁やリンゴ果汁などが効果的
とされています。その他、砂糖水なども赤ちゃんの水分補給に適しています。

 

その他おすすめの便秘解消法

綿棒浣腸

大人用の綿棒をほぐして、ベビーオイルをたっぷりとつけます。
綿棒を肛門から2センチくらい差し込んで刺激を与えてあげましょう。

ただし浣腸は癖になりやすいので注意が必要です。
早く出してあげたい時などに行うのが良いでしょう。

 

お腹のマッサージ

赤ちゃんのお腹を円を描くように優しくマッサージしてあげます。
ポイントは手のひらを使い、「の」の字を書くようにゆっくりと優しくマッサージします。

これによって腸が刺激されるので排便を促してくれます。

 

簡単な運動

赤ちゃんにも運動をさせることは大切です。
といっても赤ちゃん自身ではできないので、お母さんがサポートしてあげます。

・両足を持って自転車のペダルをこぐように膝を動かします。
・腹ばいにして、ウエストを横に左右交互に軽くひねるようにして腹筋を動かしてあげましょう。

トップページ

効果的な便秘解消法

先月の人気商品ランキング

便秘解消商品の人気ランキング