便秘 浣腸

浣腸の便秘解消効果と副作用とリスク

浣腸は究極の便秘解消法と言えるのではないでしょうか。
しかし浣腸は使用リスクもあるので、頻繁に使用することはお勧めできない方法でもあります。

では浣腸について詳しく解説していきたいと思います。

浣腸の効果

浣腸を使用したら3~10分後にはその効果が現れるので、
即効性がありほぼ確実に便秘を解消してくれるのが浣腸の大きな特徴です。

さらに浣腸は腸内を洗浄する作用もあるので、浣腸使用後はとてもお腹がスッキリします。
どの解消法よりも一番スッキリ感があるのも浣腸の特徴ですね。

 

ただ浣腸は一時的な便秘解消にしかならないと言うことを忘れないように!
それなりのリスクもあるので、便秘の最終手段として使うことをおすすめします。

 

浣腸の副作用とリスク

基本的には安全な浣腸ですが使い方を間違えてしまえばリスクも伴います。
そこで浣腸が持つ副作用をいくつか紹介します。

■浣腸癖
浣腸はそのスッキリ感や解消効果の良さから、浣腸に頼りすぎてしまう。
乗用しすぎると自力では排便が困難な症状になってしまう場合があります。
これが「浣腸癖」です。

■耐久性がついてしまう
一番多い症状がこれではないでしょうか?効果的なのでついつい使用頻度が多くなってしまい
浣腸に頼り気味になってしまうと、耐久性がついてしまう場合があります。

 

浣腸の使用頻度

浣腸の使用頻度は1週間以上排便がない状態が続いた場合などに使用するようにしましょう。
あくまでも最終手段とし、基本的には自力で出せるように頑張ってみましょう。

・浣腸は1週間以上排便がない状態が続いたときに使用する
・基本的に1日1回の使用で!
・便秘の最終手段と言う考えを持っておこう

 

最後に浣腸はドラッグストアなどで売られている「イチジク浣腸」がおすすめです。
便秘解消ついでに腸内洗浄もしたいのであれば「コーヒーエネマ」がおすすめです。

トップページ

効果的な便秘解消法

先月の人気商品ランキング

便秘解消商品の人気ランキング