便秘薬

便秘薬を使う前に!副作用と危険性を知っておこう

便秘の解消にと便秘薬を飲んでいる人も多いのです。特に女性に多いのではないでしょうか。

確かに便秘薬は飲むだけなのでお手軽。
しかも効果もあるので、ついつい服用をし続ける傾向が強いです。

でもその分怖いのが副作用です。

便秘薬の怖い副作用ベスト3

■依存症
まず便秘薬で怖いのが依存症です。
便秘薬がないと不安になってしまうなど便秘薬依存になる可能性があります。
精神的にも辛くなる依存症は発症してしまうと、改善に時間がかかるので注意が必要です。

■耐性がついてしまう
便秘薬は薬なので服用していると耐性がついてしまいます。
こうなると効果が薄れてしまい薬の量を増やさなければ排便ができない状態になります。

こうなってしまうと腸に悪影響を及ぼし、自力での排便がどんどん困難になってしまいます。

■ポリープの可能性も
便秘薬を長期間飲み続けると腸の働きが悪くなってしまいます。
これと同時に腸内の乳酸菌など、腸の健康を保つ善玉菌が減少してしまうのです。

これにより腸は病気を引き起こしやすくなり、ポリープの原因や、
最悪の場合、大腸がんの発症にもつながってしまいます。

便秘薬は極力使わないように!

便秘薬は副作用の可能性があるので極力使わないようにしましょう。

当サイトでは、様々な便秘解消法を紹介しているので、
そちらを参考にして、なるべく自力で便秘を解消できるように頑張りましょう!

トップページ

効果的な便秘解消法

先月の人気商品ランキング

便秘解消商品の人気ランキング