下剤 便秘

下剤の使いすぎは便秘を悪化させる

便秘の解消法はいろんなものがありますが、
とにかく早く改善したい場合には、下剤を使うというのが一般的でしょう。

下剤を使えば、薬の作用によって排便を促進してくれるので、
頑固な便秘も解消することが出来ます。

下剤の効力とは

下剤は、基本的には腸を刺激して蠕動運動(ぜんどううんどう)を活発にすることによって、
排便を促すという仕組みになっています。

長い間便秘に悩んでいる人にとって、下剤というのは即効性が高いので、
とても便利な薬でしょう。

また、ストレスや運動不足などで、腸の蠕動運動が低下している便秘には、
特に効果がある薬です。

ただし、下剤の刺激に腸が慣れてしまうと、便秘解消効果がなくなってきてしまいます

下剤の習慣化が便秘悪化につながる

下剤は腸の運動をサポートすると言うものではなく、
下剤の力で強制的に腸を運動を促すものです。

つまり、腸が自分で蠕動運動をしなくても、下剤の作用が常に運動を促進してくれるので、
腸はなんの働きもしなくていい状態になっているんです。

これが習慣化すると、腸の機能が低下して、自然に蠕動運動をするという働きが無くなります。

腸が自分で働かなくなれば、当然ですが便秘は続きます。

下剤の常用はやめましょう

下剤の習慣化により腸機能が低下した場合、下剤を飲まないと腸が働かなくなってしまうので、下剤なしでの排便が非常に困難になり、さらに便秘は悪化します。

ですから、下剤は即効性があって、すぐに便秘を解消出来る便利アイテムだとしても、
常用するのはやめましょう。

食生活や生活習慣を見直しながら、その間の一時的な便秘解消法として、
下剤を服用するというぐらいにしておかないと、腸が下剤の作用に依存してしまいます。

<< 腸の運動機能を低下させる | トップページ |

効果的な便秘解消法

先月の人気商品ランキング

便秘解消商品の人気ランキング