便秘薬

便秘薬が腸の運動機能を低下させることもある

便秘薬にはたくさんの種類があり、お腹が痛くならない物なども増えて、
気軽に利用出来るようになりました。

中には刺激の強い便秘薬もありますが、
頑固な便秘の場合には、こういったタイプの薬の方が高い効果を得ることが出来ます。

頑固な便秘には便秘薬は有効

ずっと便秘に悩まされている方の場合、
腸を刺激して便秘を解消するタイプの薬を常用している方も多いでしょう。

確かに、何をしても改善されない便秘は、腸を強く刺激することが一番の解消法です。

しかし、刺激が強すぎたりすると、下痢を引き起こしたり、腹痛を発症したりするので、
使う時間帯には注意が必要です。

そして、刺激の強い便秘薬というのは、腸の運動機能を低下させてしまうこともあります。

薬への”慣れ”が腸機能を低下させる

体の機能というのはとても高度で、
どんなに刺激が強いものを取り入れても、それに対して慣れていきます。

便秘薬を常用していると、腸はその刺激に慣れてしまうのです。

ですから、使い始めた時には、すぐに便秘を解消することが出来ても、
使い続けていると、刺激を感じなくなっていくので便秘解消効果が減退していきます。

そのため、もっと刺激の強い便秘薬が必要になるという悪循環が生まれてしまうのです。

頼りすぎは便秘の悪化に

また、薬によって刺激をされていた腸は、自分で運動するという機能が低下してしまっています。

本来なら、腸が自分で蠕動運動をしなくてはいけないのに、
手助けされたことで、その働きが鈍ってしまうのですね。

だから、便秘薬ばかりに頼ってしまうと、さらに便秘を悪化させてしまうことがあるのです。

<< 便秘薬の副作用 | トップページ | 下剤の使いすぎは便秘を悪化 >>

効果的な便秘解消法

先月の人気商品ランキング

便秘解消商品の人気ランキング