便秘薬 選び方

便秘症状に合わせた便秘薬の選び方

便秘をすぐに解消する方法としては、やはり便秘薬を使うのが一番簡単でしょう。

どんなに辛い便秘でも、その症状に合わせた便秘薬を使えば、
すぐに排便をすることが出来ます。

しかし、いくら排便が出来たからと言って、それは一時的な解消であって、
根本的に便秘が改善されたということではありません。

便秘というのは、腸が自分で蠕動運動を促し、自然に排便出来てこそ
改善出来たと言えるのです。

ですから便秘薬を選ぶ場合の注意点としては、刺激が強すぎないものを選ぶことが大切です。

そして便秘薬というのは、「整腸剤」と「弛緩剤」が使われています。

整腸剤の効果

整腸剤というのは、腸内環境を整えることで、正常な便通を促進させる効果を持つ薬です。
ですから、便秘薬だけではなく、下痢の症状を改善することにも使われます。

正常な便通が出来ないということは、腸の運動だけではなく、
腸内環境の悪化が原因になっていることがあります。

つまり、便秘の原因は腸ではなく、便の状態によって排便されづらくなっているということです。
便秘がちだけど下痢の症状も出るという方は、整腸剤が使われている便秘薬を選びましょう。

弛緩剤の効果

弛緩剤は、一般的な便秘薬に使用されているもので、
腸を刺激することで排便を促し、便秘を解消します。

弛緩剤を使用すれば、腸の蠕動運動が活性化されるので、
どんなタイプの便秘にも効果があります。

特に長期間の便秘に悩んでいる方におすすめですが、大腸に強い刺激を与えるので、
人によって下痢になったり、激しい腹痛を起こすこともあります。

また、常用し続けると、大腸が炎症を起こしたり、
便秘薬がないと排便出来ないという依存症になることがあるので気を付けましょう。

<< 便秘の効果 | トップページ | 便秘薬の副作用 >>

効果的な便秘解消法

先月の人気商品ランキング

便秘解消商品の人気ランキング