女性 便秘

女性が便秘になりやすいのは食事やホルモンの影響

女性は男性よりも便秘になりやすいと言われており、たしかに周囲を見渡してみると
男性で症状を訴える方はあまりおらず、女性のほうが圧倒的に多いと言えます。

男女の性差による様々な違いは様々な面で存在しますが、
便秘に関してどういった理由はこうした差が生じてくるのでしょうか。

食生活の関係

まず食生活の面で見てみると一般的に野菜を好み多く食べる女の方が多くおりますので、
この点はお通じには良い条件であると言えますね。

しかしその一方でダイエットをしている方も多くおリ、
食事量が少ないことから必要となる食物繊維が不足しているケースが非常に多くあります。

また食事の好き嫌いが激しくあり、野菜をあまり口にしないという方の場合も
お通じが悪いという理由にぴったり当てはまる原因を抱えていると言えます。

ホルモン分泌の関係

またそれ以外でも女性の場合はホルモン分泌の関係により、
便が排出されにくい状況に陥ることもよくあります。

これは生理前や妊娠の初期の時期には「黄体ホルモン」が多く分泌されるのが理由で、
このホルモンの作用により大腸では水分の吸収が盛んになります。

本来、便は適度な水分を含んでいることにより腸の蠕動運動の影響を受けやすくなるのですが、水分が失われた便は柔軟性が失われて固化してしまいます。

硬い便は体外への排出が非常に難しくなり、
こうした事情は男性では見られない女性特有の症状だと言えますね。

こうした時は専用の便秘薬を飲んだり、水分を多めに取るなどの対策が必要になります。

<< 腸内環境の改善が大切 | トップページ | ダイエットは便秘になりやすい? >>

効果的な便秘解消法

先月の人気商品ランキング

便秘解消商品の人気ランキング