便秘 病気

便秘が招く怖~い病気

便秘になってしまって、お腹が苦しいというだけじゃなくて、
色々な病気になってしまう可能性があり、決して軽視することが出来ません。

便秘を伴う主な病気は沢山あるのですが、
その中でも特になりやすい病気を解説したいと思います。

便秘で特になりやすい病気

便秘で一番なりやすい病気というのは、痔ですね。

女性でも便秘が原因で痔になってしまうと言われていますが、固くなってしまった便が排出されるときに、肛門を無理に広げてしまうので、傷つけてしまって、痔になってしまいます。

大腸ポリープ 便が大腸を傷つけてしまい、そこが腫瘍となってしまって、ポリープになってしまいます。ポリープがひどくなってしまうと、大腸がんになってしまうので出来るだけ早期発見することが大切です。
大腸憩室症

便秘を伴う主な病気で、大腸憩室症という病気もあります。

これは大腸内の粘膜が一部分陥没してしまって、憩室と呼ばれるくぼみが出来てしまうのですが、初期では自覚症状がありませんが、進行してしまうと腹膜炎になってしまったりするので、やはりきちんと検査をして早期発見することが大切ですね。

過敏性腸症候群

これも多い病気ですが、過敏性腸症候群があります。

とくに腸内に問題があるというわけでは無いのですが、お腹が痛くなってしまうことが頻繁に起こってしまい、落ち着いて座っていられない状態になってしまうことがあります。

過敏性腸症候群はストレスが原因て言われていますので、出来るだけストレスを発散するようにしてあげることが大切です。

<< 便秘が悪化する理由 | トップページ | 便秘に効く3大成分 >>

効果的な便秘解消法

先月の人気商品ランキング

便秘解消商品の人気ランキング