器質性便秘 機能性便秘

便秘は大きく分けて「器質性便秘」と「機能性便秘」に分かれる

お通じが悪いと日々の生活は非常に不快なもので、
今現在も便秘の症状に悩まされているという方は非常に多いかと思います。

そもそも便秘は大きく分けると「器質性便秘」、「機能性便秘」という2種類に分かれています。

器質性便秘

まず器質性便秘とは、便が作られ通過していく腸に何らかの障害がおきて、
便のスムーズな通貨が困難である症状の事を指します。

通常は食物を身体に取り込むと消化管を通過することになり、“胃・小腸・大腸・肛門”という経路をたどるのですが、その中でも大腸に生まれながらの形質異常や疾患などにより腸管が狭くなる場合があり、そうした状態にあてはまる方が器質性便秘と診断されます。

疾患と関係が高く、
大腸ガン、大腸ポリープ、腸閉塞、潰瘍性大腸炎、後腹膜腫瘍、子宮筋腫
なども疑われますので注意が必要です。

器質性便秘について更に詳しく読む>

機能性便秘

一方で機能性便秘はさらに細かく
食事性便秘、直腸性便秘、痙攣性便秘、弛緩性便秘」などに分けることができます。

・偏った食事で食物繊維の摂取量が減少することによる”食事性便秘”
・排便を我慢するなどして直腸の運動反射が鈍くなる”直腸性便秘”
・逆に腸の活動が活発になりすぎて腸管が狭くなる”痙攣性便秘”
・腸の緊張が緩み便を移動させる運動が弱くなった”弛緩性便秘”

などなど、機能性便秘は日頃の生活が関わってくる部分が大きくなります。

 

このようにお通じが悪くなる原因はそれぞれの人や個々の状況によりまったく異なってきます。

単純に薬を飲んで排泄を促すだけでは対応としては不十分だといえますね、
まずはどのようなところに原因があるか生活習慣を振り返り考えていくとよいでしょう。

機能性便秘について更に詳しく読む>>

| トップページ | 腸の蠕動(ぜんどう)運動とは >>

効果的な便秘解消法

先月の人気商品ランキング

便秘解消商品の人気ランキング