腸内環境

腸内環境とは!?

腸は第二の脳と言われているくらい、私たちの健康には欠かせない器官です。

腸の健康が乱れてしまうと様々な病気を引き起こしたりします。
だから腸内環境の維持は人の健康を保つことにとって、とても重要なことなのです。

健康に大きく関わる腸内細菌とは?

その健康に大きく関わっている腸内環境は、腸内の細菌によって成り立っています。

腸内には約100種類、100兆個の細菌が住んでいるといわれており、
人間の体重の約1~1.5kgは腸内細菌の重さなのです。

そして腸内細菌は「善玉菌」と「悪玉菌」に分類され、
これらのバランスによって腸内環境の健康状態が成り立っているのです。

腸内細菌の乱れは悪影響を及ぼす

腸内細菌のバランスが乱れてしまうと、さまざまな悪影響を及ぼしてしまいます。

例えば、

・高血圧、心臓病、脳卒中やガン
・吹き出物、肌荒れ、じんましん、ニキビ
・頭痛、めまい、肝性昏睡
・便秘、下痢、体臭

といった臓器障害や皮膚障害などといった疾病や障害が出てくる恐れがあるのです。
このような悪影響を防ぐためにも、腸内環境を整えることは大切なのです。

腸内環境の改善には

腸内環境を整えるためには、健康に良い効果をもたらす善玉菌を増やす必要があります。
善玉菌で有名なのが乳酸菌やビフィズス菌です。

これらを増やすことで、健康な腸内環境を維持することができるのです。

<< 便秘と腸内環境 | トップページ | 腸内環境と善玉菌 >>

効果的な便秘解消法

先月の人気商品ランキング

便秘解消商品の人気ランキング