便秘 食生活

食生活が便秘の原因になっている

食生活というのは、便秘に大きく関係しています。
食事の仕方、食事の内容によって、便秘になるかならないかが決まると言っていいでしょう。

まず食事の仕方ですが、きちんと3食食べること、決まった時間に食事をすることが基本です。

不規則な食生活が便秘を招く理由

ダイエットや健康法などで、朝食を摂らないという方も多いようですが、
胃に食べ物が入らないと消化活動が始まりません。

食べ物が胃の中に入り、ある程度消化されて腸に移動すると、
腸はそれらを消化するために活動を始めます。

食べる⇒消化活動⇒腸の活動⇒排便

※食生活が乱せると正常にこのサイクルが働かなくなる

特に、朝食と昼食の間というのは時間が適度に空くので、腸は活発に動くことが出来ます。
しかし1日2食など次の食事までの時間が空きすぎたりすると、逆に腸は鈍感になってしまうので、便秘になってしまいます

また食事の時間が不規則だったりすると、腸の働きが乱れてしまい便秘を引き起こすのです。

栄養バランスの悪い食事は便秘の元

次に大事なのは、食事の内容ですが、栄養バランスが悪い食事というのは便秘を起こします。

最近は、コンビニやファーストフードなどで気軽に食事を摂れるようになりました。
こういった、いわゆるジャンクフードには、栄養がほとんど入っていません。

逆に、便の排出を邪魔する添加物などが大量に含まれているので、
ジャンクフードばかり食べていると便秘になるのです。

また、便通をスムーズにする食物繊維が少なかったり、
ミネラルやビタミンが足りないことで、便が腸内にとどまってしまうのです。

ですから、便秘になってしまったら、まずは食生活を見直して悪い部分は改善していきましょう。

| トップページ | 運動不足は便秘の原因になる >>

効果的な便秘解消法

先月の人気商品ランキング

便秘解消商品の人気ランキング