便秘 運動不足

運動不足は便秘の原因になる

便秘になるのはいろんな原因がありますが、意外なことに運動不足も原因のひとつとなります。
病気や怪我などで入院して、寝たきりになったことがある方は分かるかもしれません。

体を動かさないと、副交感神経の働きが鈍くなります。

運動不足と副交感神経

大腸などの消化器官、口から肛門までのすべての器官は、
副交感神経によってコントロールされています。

副交感神経というのは、これらの内臓の働きを促進させる作用があるので、
副交感神経が働かなくなると内臓の働きも低下します。

運動不足が便秘を引き起こす理由

副交感神経というのは、リラックスすると活性化されます。

しかし、運動不足になると、体はまったく疲れない状態になるため、
就寝してもリラックスをすることが出来ません。

リラックス出来ないと、交感神経の方が優位に立つので、体内は興奮状態になります。
すると、大腸の蠕動運動が弱くなり、便秘になってしまいます。

便秘解消のために良質な睡眠を取るためには、
適度な運動で体を疲れさせるということも大事なのです。

腹筋の筋力低下も便秘の原因に

それに、運動不足になると、腹筋が弱くなります。

便を排出する時はお腹に圧力をかけますが、腹筋が弱いと圧力をかけることが出来ません。
つまり、排便の時にいきもうとしても、いきむことが出来ないのです。

ですから、便秘を解消するには、運動不足を解消することが必要になるのです。

運動不足解消と言っても、ハードな運動をする必要はなく、
ウォーキングや簡単な体操を取り入れるだけでも、充分に便秘を予防することは出来ます。
便秘解消に効果的な運動はこちら>>

<< 食生活が便秘の原因になる | トップページ | ストレスは便秘の原因になる >>

効果的な便秘解消法

先月の人気商品ランキング

便秘解消商品の人気ランキング