直腸性便秘

直腸性便秘の特徴と症状について

直腸性便秘は便意を我慢することを繰り返してしまうことで腸が鈍感になってしまい、
出したくても思うように出せなくなってしまう便秘です。

この便秘は、放っておくと腸の病気になってしまう可能性もあるので注意が必要です。

直腸性便秘の原因

皆さんは便意があったときに、何かしらの理由でトイレに行くことができず、
我慢したことはありますか?

我慢していると、そのときはとても辛いけど、
しばらく時間が経過すると、便意が無くなってしまいますよね。

どうしても我慢しなければならないという状態であれば仕方がないとは思いますが、
あまり頻繁にこうしたことが続くと、大腸の働きが鈍くなってしまいます。

そうなることによって直腸性便秘になってしまいます。

直腸性便秘の症状

主に直腸性便秘は次のような症状が現れます。

とても硬い便が排出される

刺すようなお腹の痛みが出ることも

病気になる可能性や痔になる可能性もある

 

直腸性便秘は、大腸ではなくて直腸に便が蓄積されてしまう状態のことを言うのですが、直腸というのは肛門に近い場所になるので、大腸のように活発に働いてるわけではありませんし、水分も少ないので、便はコチコチに硬くなりとても硬い便が排出されます。

痛みも大腸とは違い、刺すような痛みが出てしまったりしますし、いつまでも直腸に便が滞留してしまうことで、体臭も変わってきてしまったり、便意があってトイレに行っても、中々出ずに、肛門に傷がついてしまうような場合もあります。

直腸性便秘は、直腸に便が溜まることによって、活性酸素も増えてしまうので、病気にもなりやすくなり、とても危険性が高いです。便秘薬も効きにくいので、最もつらい便秘と言えるかも知れませんね。

直腸便秘の解消法

やはり他の便秘と同じで、運動をなるべくするようにする事と、
食物繊維と水分を摂取して、スムーズな排便を促してあげることが大切です。

直腸性便秘の特徴で一番つらいのは痛みがあっても出にくいという所なので、
水分摂取は大切です。

<< 機能性便秘 | トップページ | 弛緩性便秘 >>

効果的な便秘解消法

先月の人気商品ランキング

便秘解消商品の人気ランキング