痙攣性便秘

痙攣性便秘の特徴と症状について

痙攣性便秘(けいれんせいべんぴ)は、
日頃のストレスや睡眠不足などが原因となって起こる便秘です。

この便秘は男性に多くみられ、
特にサラリーマンなど仕事のストレスを多く抱え込んでしまうタイプの方に多いです。

痙攣性便秘の原因と症状

主に痙攣性便秘は次のような症状が現れます。

激しい腹痛

便は硬くうさぎのフンのようにコロコロした状態

腹痛でトイレにかけ込んでも、ほとんど出ない

 

痙攣性便秘は、日頃のストレスや睡眠不足などによって自律神経が乱れることで
、腸が過敏になり痙攣してしまいます。

激しい腹痛が突然襲ってきたり、
便意はあってもなかなか出すことができないなどの症状が特徴です。

腸が過敏になっているため場合によっては、
下痢と便秘が交互に繰り返される症状も現れることもある辛い便秘のタイプでなのです。

痙攣性便秘の解消方法

腸の動きが活発になり過ぎてしまうことが原因なのですが、
腸に問題があるわけではなく、自立神経のバランスの乱れが原因です。

ストレスなどで自律神経のバランスが乱れていると、交換神経と副交換神経の働きが狂ってしまい、副交換神経が過剰に反応してしまうようになってしまうので、便意を急に催すようになってしまいます。

痙攣性便秘を改善するためには、自律神経をしっかりと整えることが必要です。

自律神経を整えるためにはとにかく体を休ませることが大切なので、
遊ぶことや運動などを抑えるようにして体を休ませてあげましょう。

詳しくはこちらのコンテンツが参考になります>>男性の便秘の解消法

<< 弛緩性便秘 | トップページ |

効果的な便秘解消法

先月の人気商品ランキング

便秘解消商品の人気ランキング